現在選択されている記事は以下のとおりです。


題名:土佐史談会 令和元年12月15日 郷土史講座 歴史の特効薬2  
名前:島崎
2019/12/18(Wed) 22:38 No.1023 

opt-115-30-239-54.client.pikara.ne.jp

1023の画像を原寸大表示します −長宗我部地検帳−(香美郡下)オーテピア4階研修室
講師は長宗我部地検帳に魅せられた、関東支部理事 正木宏幸氏 40名参加の盛況でした。
沖の島の境界で土佐と伊予の宇和島との間で紛争が起こり、江戸幕府の裁判を受けることになりました。今で言うならば最高裁判所に提訴されたわけで、野中兼山の必死の運動により土佐の勝訴になったのですが、そのために第一等証拠書類になったのがこの(長宗我部地検帳)だったのであります。、、、と言う話から入りました。確かにこの時代これほど見事に地検を完成した戦国大名は居なかったですね。長宗我部地検帳は国宝に匹敵する文化財です。



この記事を修正するには投稿時に入力したパスワードを入力し実行ボタンを押します。 [説明]

処理:  記事No:  パスワード: