現在選択されている記事は以下のとおりです。


題名:Re: 武市瑞山(半平太) 名前:北島
2012/05/20(Sun) 21:27 No.351 

opt-123-254-43-188.client.pikara.ne.jp

351の画像を原寸大表示します 島崎さん、私は高校時代に司馬さんの「竜馬がゆく」を読んだことがきっかけで、幕末の歴史は大好きになりました。小説の中であった、武市半平太の壮絶な切腹の場面は、強烈に頭に焼き付いてしまいました。
偶然かと思いますが、三文字の切腹作法と「折敷三文字」が重なっていて、不思議な感じがします。
昨日、今日と、たまたま京都に出向いておりまして、少し時間が空いたので木屋町周辺を歩き、武市半平太のゆかりの地を訪ねてみました。
島崎さんの記事のおかげで、ふとそんなことを思い立ち、幕末の志士が闊歩した京都に思いを馳せてみた次第です。
写真は武市瑞山寓居跡の石碑です。写真でわかりにくいですが、すぐ隣奥の方に、吉村寅次郎の寓居跡の石碑もありました。(ちりめんの石碑がちょっとじゃまですが・・・失礼)



この記事を修正するには投稿時に入力したパスワードを入力し実行ボタンを押します。 [説明]

処理:  記事No:  パスワード: