土佐史談会の掲示板

このエントリーをはてなブックマークに追加

[表示切替]  [HOMEに戻る]  [留意事項]  [記事検索]  [携帯URL]  [管理用]
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP

名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色

題名:無題  名前:銀行のみっちゃんと名乗ります 2012/07/03(火) 16:43 No.439  操作 softbank220045179044.bbtec.net


島崎師、今後の『海遊庵主』のハンドルネームをこの度のテーマを機会に、『土佐史談会』とのご縁を、幼き時代の『腕白坊主』のニックネームの『銀行のみっちゃん』に変えさせて頂き土佐之国の『奥の細道』をのんびりと訪ねさせて頂きます。恐惶謹言
  
 

題名:土佐国・高知県の歴史は!」  名前:銀行のみっちゃん 2012/07/03(火) 17:09 No.440  操作 softbank220045179044.bbtec.net

島崎師、生き字引の方々の語る今は昔の物語は『今でこそ史実を書き残す事が出来る歴史の真実』の舞台ですね(チャンスです)
その昔の近世代から、明治〜江戸〜戦国・室町〜南北朝〜鎌倉〜平安〜奈良〜古代への奥の細道への道程の奥の細道を知るのは難行苦行の難儀な旅路にて候なり。(頑張りましょう)


  
 

題名:Re: 無題  名前:島崎 2012/07/04(水) 00:38 No.443  HomePage 操作 KD106172171095.ppp-bb.dion.ne.jp

銀行のみっちゃん 了解です

  
 

題名:Re: 無題  名前:銀行のみっちゃん 2012/07/04(水) 14:56 No.446  操作 softbank220045179044.bbtec.net

446の画像を原寸大表示します 島崎師、導かれる侭の思い出の終戦の後〜高知市内も復興の兆しが見えてくる頃、初めてこの機会に手許に残る母の面影を偲んで空襲の折、水に浸した『うわっぱれ』の『そうた』を羽織って我が命と兄姉弟の手を確りと繋いで廻りの人家の燃える中を駆け抜けて〜三人の命を救ってくれた母親の慈愛と恩顧に親子の絆の尊き姿が今にはっきりと目に浮かんで来ます。
その面影を常に感謝の念を父母の恩を抱いて時折見返す写真の一枚を今日の日に披露させていただきます(個人的の義にて失礼之段ご容赦)
バックの風景は、新京橋の手前・今の高知大丸の街筋の街頭写真を商いとする(その当時は確か昭和24年〜25年頃かと・何故ならば小学生の4年の終盤にはメガネを掛けて居たのでその直前かと)スポットの有料写真ポートレートならん哉・・実に両肩が粋どうって御座る。我ながら恥ずかしく・・(大笑い)



題名:竹林寺のひとこと地蔵  名前:島崎 2012/07/02(月) 22:46 No.435  HomePage 操作 opt-101-1-246-172.client.pikara.ne.jp


435の画像を原寸大表示します 高知の五台山竹林寺五重塔横にあるパワースポットとも言える一言地蔵.
ひとことだけ望みを言うと聞いてくれる、望みを聞いてくれた人が持ってきたコケシがいっぱい置いてあると言うのは 
望みを聞いてくれるのは本当らしいです!



題名:市営プール  名前:島崎 2012/06/30(土) 09:50 No.434  HomePage 操作 KD106172171095.ppp-bb.dion.ne.jp


434の画像を原寸大表示します 今の大原町高知市総合運動場の補助グランド
付近にあった50mと飛込みプール東に子供用プールもあった

大人が50円学生30円ばーやったと思う、この写真は市総合体育館に
あったのを写させてもろうた、ここで泳いだのは40歳以上の人



題名:野中婉女宅址碑(日本最初の女医)  名前:島崎 2012/06/29(金) 13:05 No.433  HomePage 操作 opt-101-1-246-172.client.pikara.ne.jp


433の画像を原寸大表示します 野中兼山4女の婉女宅址碑がJR朝倉駅の西数百メートルに
兼山が死亡した翌年1664年に4歳で宿毛に幽閉された婉は
40年後放免されここ朝倉で日本で最初と言われる女医として朝倉で暮らしちょります、

大原富枝の小説(婉という女)それと岩下志麻主演で映画化もされちょります



題名:浦戸を眼下に台山麓の吸江庵の面影を  名前:海遊庵主 2011/07/14(木) 15:06 No.26  操作 softbank220045179044.bbtec.net


26の画像を原寸大表示します 時代を遡る・その昔〜今にその寺跡を残す、吸江寺の創建の歴史を尋ねること無窓疎石の開基ゆえに導かれるままに・度々の遊行の面影を偲んで想う事は、阿波・讃岐・土佐国(代)の守護職の細川氏にも、長宗我部氏にも、その足跡に名を残す、津野郷の義堂周信・絶海中津の両尊禅師の事を、土佐史談でのスポットライトを当てて頂けませんか!・?。
その時代は、正しく文保2年5月のその年にて、花園天皇から後醍醐天皇へ遷られるその時也。
それと時を同じくして、讃岐と阿波の国境の夏子峠の山中に、今にも朽ち果てる如き、鎌倉時代の文保2年の石塔在り!・・阿波も讃岐も〜土佐への国境を越える道中は難儀な山道では無かったのか!?。(微かに観るに耐える・その石碑の文面を庵主が解読して心を痛めることは・・沙彌道信と刻まれた出家間もない修行僧の御仁の身の上を知り得ないのか!)南無

  
 

題名:Re: 浦戸を眼下に台山麓の吸江庵の面影を 
名前:海遊庵主 2011/07/14(木) 15:09 No.27  操作 softbank220045179044.bbtec.net


27の画像を原寸大表示します 続いて2枚目です
  
 

題名:Re: 浦戸を眼下に台山麓の吸江庵の面影を 
名前:海遊庵主 2011/07/14(木) 15:33 No.28  操作 softbank220045179044.bbtec.net


朽ち果てる史跡を誰が保存するのか!〜?・・知る人ぞ知る今に刻まれた石塔の古の出家僧の面影を偲ぶ想いは、忘却の彼方に失せて良い物か!?・土佐でも阿波でも讃岐でも〜伊予の国さえ・南無。
  
 

題名:Re: 浦戸を眼下に台山麓の吸江庵の面影を 
名前:海遊庵主 2011/07/14(木) 16:11 No.29  操作 softbank220045179044.bbtec.net


前文の内、少しばかり飛躍していました時代が有りましたのですが、義堂周信〜絶海中津禅師は、ご承知の通り、時代を下り細川頼之の時代にて、夢窓疎石門下にて足利幕府下にて、公家・幕府双方に多大な影響を与えてその存在を今に伝える土佐の国津野郷の出自の所以也。・・なお表題の台山は『五台山麓』です。南無
  
 

題名:Re: 浦戸を眼下に台山麓の吸江庵の面影を 
名前:海遊庵主 2012/06/27(水) 14:59 No.428  操作 softbank220045179044.bbtec.net


428の画像を原寸大表示します 島崎師、しょう真こと歴史はもの凄う奥の細道よのうし!
鎌倉幕府の終焉の時代に誘われて〜ひょんな事から、北条高時の時代に巡り会えた是よ!
鎌倉室町時代の人名辞典から見てみると、お送りする文面には下段の文章・『幕府は腐敗。衰微していたのである。文保二年より以前云々〜』と記す条項が目に留まるのも摩訶不思議なり。
讃岐と阿波と〜吉野川の水流の流れに沿って『源』山道も〜先には四国山脈越えの〜土佐之国への旅路の所以も微かに思い浮かべることも亦楽しからずや。
今にも風雨に晒されて〜消え失せる石塔に刻まれた名号を永遠に見過ごすのは残念です。



題名:愛宕神社裏古墳  名前:島崎 2012/06/27(水) 08:50 No.426  HomePage 操作 KD106172171095.ppp-bb.dion.ne.jp


426の画像を原寸大表示します 高知市愛宕山の愛宕神社裏に古墳があります正式名は愛宕神社裏古墳
南国市の県立埋蔵文化財センターの資料によると範囲は東西南北とも10m

形態は円墳 時代は古墳時代後期 横穴式石室、側壁の一部は残っているが
祭神として祀っているためか原型はほとんどとどめない、愛宕山古墳群のひとつであると資料にありました、
動画もどうぞ↓    ↓

  
 

題名:Re: 愛宕神社裏古墳  名前:島崎 2012/06/27(水) 09:00 No.427  HomePage 操作 KD106172171095.ppp-bb.dion.ne.jp

愛宕山古墳と検索したら愛宕山古墳は、日本の古墳の名称。各地に同名の古墳がある、それも前方後円墳がいくつも!

県立埋蔵文化財センターの人に高知の愛宕山も前方後円墳?と聞いたら
(それは絶対無い)と言われたましたが ロマンですね、



題名:県立埋蔵文化財センター  名前:島崎 2012/06/25(月) 22:53 No.422  HomePage 操作 opt-101-1-246-172.client.pikara.ne.jp


422の画像を原寸大表示します 南国市篠原高知県立埋蔵文化財センターに寄ってきました

愛宕山愛宕神社裏の古墳のことを聞いてきました後日アップします、 
県立埋蔵文化財センターの動画 アップしました
  ↓    ↓



題名:大高坂松王丸について。  名前:ポワトリン 2012/06/22(金) 15:13 No.418  HomePage 操作 softbank218115208024.bbtec.net


 あまり知られてはないようですが、南北朝時代にあったとされる大高坂城をめぐる合戦について唯一記述のある資料”佐伯文書”は戦前より一部研究者の間では偽文書であるという疑いが持たれているものです。もし偽文書あれば、この文書に書かれてある内容の全てが架空の出来事ということになり、大高坂城をめぐる数々の戦闘や忠臣松王丸の活躍も実際は全て無かったという事になってしまいます。この文書は私も一度調べてみた事があったのですが、確かに内容や発見された経過に極めて不自然な点が多く、現在私はこの文書は江戸時代に偽造されたものであると考えております。たとえば、文中に太平記に見られる人物が登場したり(金沢左近将監という北条氏の一族で、太平記では鎌倉幕府の重臣であるはずの人物が何故か佐伯文書の中では南朝方の武将として突然土佐に現れたりする。)、など明らかに太平記からヒントを得たと思われる箇所がいくつか見られます。この様にかなり疑わしい文書であるにもかかわらず、高知県では郷土史の研究者達が現在も南北朝期の土佐の武将達の動向を探る貴重な資料として堂々と使っている事には少しばかり疑問を感じております。恐らく、江戸時代末期の勤皇運動の盛んだった頃や昭和の初めの国粋主義の台頭時、この文書が、我が高知県にもかつて松王丸という南朝の忠臣がいた証拠として持てはやされ、その後きちんとした検証もされないまま現在に至った事が原因ではないでしょうか。
  
 

題名:Re: 大高坂松王丸について。  名前:海遊庵主 2012/06/24(日) 13:32 No.419  操作 softbank220045179044.bbtec.net

ポトリンさま、島崎師の初談の表題に添って此れから先の長旅に出立共に為されませんでしょうか?・・元に記事の右側にある『返信する』をクリックすると〜話題が続いて重ねることが出来ますのでこの度のご提案に是非島崎のお送りいただいた『久万里の神社・の勧進』の奥の細道をじっくりと訪ねようでは〜四国遍路の道筋に似たりかな?・・!。(庵主もごんばるきに)
  
 

題名:Re: 大高坂松王丸について。  名前:海遊庵主 2012/06/24(日) 14:32 No.420  操作 softbank220045179044.bbtec.net

しょう誠〜ことすまんのうし!・・前文に『ごんばる』は『がんばる』じゃきに・・堪えておせ。


題名:太平洋戦争勝利の碑が!  名前:島崎 2012/06/21(木) 21:57 No.415  HomePage 操作 KD106172171095.ppp-bb.dion.ne.jp


415の画像を原寸大表示します 大東和戦争戦捷(せんしょう)記念の碑が愛宕神社に
皇紀2601年と言うのは西暦1941年太平洋戦争開戦の時

気が早くその時石碑を建立したらしいです戦捷とは戦勝のことです(今はモルタルで字を見えにくくしてます)
平和記念館草の家 藤原さんよりの情報です 詳しくはブログ
http://fujihara.cocolog-nifty.com/tanka/2012/06/post-3bba.html

6月20日写してきましたき、動画もどうぞ!



題名:武市佐市郎のお墓  名前:島崎 2012/06/02(土) 17:18 No.378  操作 opt-101-1-246-172.client.pikara.ne.jp


378の画像を原寸大表示します 土佐史談会の創立者でもある武市佐市郎のお墓は筆山に!
お墓の横に新しく立てた墓誌には武市半平太と同族とある

もう少し詳しく取材しアップしたよいよい写真館さんのHP
↓       ↓
http://tosareki.gozaru.jp/tosareki/shinai/takechi_saichiro.html

  
 

題名:Re: 武市佐市郎のお墓  名前:海遊庵主 2012/06/21(木) 13:04 No.413  操作 softbank220045179044.bbtec.net

島崎師、少しだけ話題を先の武市氏の御子孫の菩提にご応答するきに。
結構。坂本竜馬の脱藩の道筋に、神田の山間の里の伊予の国・宇和島藩の全国一社本宮『和霊神社』にて〜脱藩の無事の旅路を神前に祈願して、その際に友に見送ったのが、土佐之国の河野氏を名乗る人物也。
この御仁の出自は伊予の国河野氏〜土佐の住人河野氏でした。
この和霊神社の宮司・禰宜職の家系には、越智姓を名のる御仁あり。
さて、竜馬脱藩の土佐から伊予路の国境・山郷の地には、梼原・津野の在周辺と〜伊予国境を越えて・・大州(大津)に至るルート周辺には、恩顧・伊予の国越智姓『新居・武智(高市〜武市・・人きり半蔵の家門の岡田氏も同族也)』先祖を一つにする子孫の面々が在って然りかと。〔我が家と野市の河野家(井口町永福寺住職の家系)の系図を見ている内に次第に不思議と誘われるのも何でだろう〕

  
 

題名:Re: 武市佐市郎のお墓  名前:海遊庵主 2012/06/21(木) 14:33 No.414  操作 softbank220045179044.bbtec.net

前文に、誤字あり・・すまん。岡田以蔵どのを半蔵と送ってしまいました。(ごめんよ〜ゆるしてや)

[現行ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46]
以下のフォームから自分の記事を修正/削除できます [説明]

処理:  記事No:  パスワード:


今日: 2
04/22 () 2
04/21 () 5
04/20 (金) 1
04/19 (木) 2
04/18 (水) 1
04/17 (火) 1
04/16 (月) 3
合計: 12480

- aimix-BBS無料レンタル掲示板 [掲示板の作成はこちら] -

script - Kent-web