土佐史談会の掲示板

このエントリーをはてなブックマークに追加

[表示切替]  [HOMEに戻る]  [留意事項]  [記事検索]  [携帯URL]  [管理用]
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP

名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色

題名:吉田茂銅像 動画  名前:島崎 2012/06/18(月) 14:15 No.407  HomePage 操作 opt-101-1-246-172.client.pikara.ne.jp


高知龍馬空港の北東にある吉田茂の銅像の移設が決まったとのこと
自分も10年ほど前はこの場所にあることを知りませんでした
高知県選出、戦後の日本の復興に偉大な働きをした総理大臣

坂本龍馬並に高知県民は誇りにしていきたいと思ってます。




題名:高知城周りの防空壕跡を図面にしました  名前:島崎 2012/06/14(木) 13:58 No.403  HomePage 操作 opt-101-1-246-172.client.pikara.ne.jp


403の画像を原寸大表示します 平和資料館草の家の藤原さんが情報を集め
確認した合計9ケ所の防空壕跡です、これ以外にも ご存知の方お知らせ下さい 

偶然にも板垣退助像横の防空壕は土佐史談会事務局(県立図書館3階)からわずか数十メートルの場所です

  
 

題名:Re: 高知城周りの防空壕跡を図面にしました 
名前:海遊庵主 2012/06/14(木) 19:07 No.404  操作 softbank220045179044.bbtec.net


島崎師、しょうまっこと次第に薄れ行く〜太平洋戦争の遺産じゃね〜!
お城の周りの防空壕を知ちゅう人々も〜結構居るじゃろうが実際に洞内に足を踏み入れた皆さんもそろそろ72歳は越しちゅうがぜよ?〜終戦を体験している年齢のリミットぜよ・・この辺で、藤原さんの研究の情報の生きた収集を期待してます!

  
 

題名:Re: 高知城周りの防空壕跡を図面にしました 
名前:島崎 2012/06/16(土) 11:41 No.405  操作 KD106172171095.ppp-bb.dion.ne.jp


海遊庵主 さん こんにちは その通りですね
今はっきり調べて置かないと 永遠に分からんなります、

  
 

題名:Re: 高知城周りの防空壕跡を図面にしました 
名前:海遊庵主 2012/06/16(土) 17:12 No.406  操作 softbank220045179044.bbtec.net


是非、機会あれば平和資料館の主催の『土佐之国防の砦・高知城の守りと〜太平洋戦争・終戦に備えた史跡・防空壕の実像を残す』・探検隊結成の集い・とか・で、讃岐の国での藤原氏の講演の情熱を受け止めた庵主の提案です。


題名: 高知城の防空壕跡  名前:島崎 2012/06/12(火) 09:47 No.395  操作 KD106172171095.ppp-bb.dion.ne.jp


395の画像を原寸大表示します 6月11日平和資料館・草の家の館長さんと 藤原さん等に
案内され高知城の防空壕跡に行ってきました、

数週間前に新聞の読者の広場で防空壕に逃げ込んだり入った
経験のある人に連絡下さいと出した所合計8ケ所の防空壕が判明

自分も昭和30年前後に2ケ所で遊んだ覚えがあります
後日図面と、規模など整理してアップします、

とりあえず左の写真は高知城北東入り口の防空壕入口あと
石垣で塞いだのがはっきり分かります

草の家の藤原さんも土佐史談会 会員だそうです

  
 

題名:Re: 高知城の防空壕跡  名前:海遊庵主 2012/06/12(火) 09:49 No.396  操作 softbank220045179044.bbtec.net

島崎師、なんとなんと!・・と、『草の家』の藤原氏との出会いがあったのですか!〜驚きました。
庵主の所属する讃岐の高松市の歴史保護協会(牟礼支部会)の恒例の本年度会合にて、記念講話にてご懇意にさせて頂く出会いが有ったのですよ。
彼の戦前後の戦史・史跡を訪ねる姿に感銘を受けた所以にて、しょうまっこと・・不思議な讃岐と土佐之今様の出会いでした。
終戦前と戦後の高知の面影を目している御仁も次第に少なくなくなってくるので〜是非、広く太平洋戦争の真の姿を後世に書き残す貴重な生きた保存情報をお集め下さい〜期待しております。

  
 

題名:Re: 高知城の防空壕跡  名前:島崎 2012/06/13(水) 00:22 No.398  操作 KD106172171095.ppp-bb.dion.ne.jp

398の画像を原寸大表示します 今晩は 海遊庵主さんも面識がおありとは世間は狭いですね
今日も連絡下さりもう一つ防空壕が増え合計9つとのことです

追手門近くで唯一現在も小さな穴が見える所がありました
ここの防空壕に5歳で逃げ込み暑くなり外に出見ると

追手門が少し燃えてるのが見えたとの情報もありました、 

  
 

題名:Re: 高知城の防空壕跡  名前:海遊庵主 2012/06/13(水) 11:41 No.399  操作 softbank220045179044.bbtec.net

島崎師、そうなんですよ! 庵主は終戦後に小学校に入って〜結構『腕白小僧〜大将かも』〜笑い。行動範囲は思いのほか広くて〜小学生時代から本丁筋に添って〜大手前・洞が島・北は久万〜南は郷の瀬〜上は鏡川に泳ぎ〜水道町から玉水〜旭・朝倉〜南は桟橋から横浜・・種崎・・青柳橋五台山〜トウ等・・腕白の領域でしたね
  
 

題名:Re: 高知城の防空壕跡  名前:海遊庵主 2012/06/13(水) 17:52 No.400  操作 softbank220045179044.bbtec.net

島崎師、高知空襲の折は庵主は母親の背におんぼされて、防空頭巾をかぶって上町から水道町〜南奉公人町〜築屋敷の土手を越えて〜鏡川へ身を浸けながら、母と兄姉4人で赤岩の高野に逃れたのです!・・鏡川の上流は焼夷弾のフル〜ヒュルと落ちる音と〜川面には火の流れの怖い思い出が薄っすらと目の奥に残っております。〜戦争は絶対に此れから未来に於いてもしては為りませぬ


題名:最近の動き、龍馬暗殺について  名前:等々力三郎 2012/06/12(火) 14:21 No.397  操作 i218-47-130-71.s05.a011.ap.plala.or.jp


 最近、龍馬暗殺の黒幕関係本で土佐藩上層部の関与が明らかになってきた感があります。
 高知にとり土佐藩が龍馬と中岡慎太郎の暗殺に関与していたなどの事実は耳を塞ぎたいでしょうが、歴史学は地域の有利なことだけをやるものではありません。
 高知史談会は、公平に事実を掘り起こして欲しい。それが、高知の文化的世界を向上させる。真摯に歴史をやって欲しい。



題名:第33回平尾学術奨励賞受賞  名前:土佐史談会事務局 2012/05/16(水) 09:46 No.333  HomePage 操作 KD106172171095.ppp-bb.dion.ne.jp


333の画像を原寸大表示します 見事第33回平尾学術奨励賞を土佐史談会理事窪内氏が受賞しました
窪内氏は山間部の有力農民だった一族の戦国から江戸時代にかけての
歩みを研究 土佐史談会の機関紙に発表した論文が以前から
継続的な研究姿勢と合わせて評価されました(高知新聞より)

同賞は1979年に亡くなった史家、平尾道雄さんの業績を記念して
創設された賞で財団法人高知新聞更生文化事業団が発表し表彰されました。

  
 

題名:Re: 第33回平尾学術奨励賞受賞  名前:海遊庵主 2012/05/16(水) 19:32 No.335  操作 softbank220045179044.bbtec.net

島崎師、この度の受賞の義〜おめでとうございます!
平尾道雄尊師は庵主も伊予の国でも尊敬させていただく御仁です。
中世の歴史に憧憬の深き足跡は伊予の国にても度々目に〜耳にしております。
賢識豊かな土佐之国・窪内先生の業績に、想いを添えてこの度の受賞の誉れをお慶び申し上げます。 恐惶謹言

  
 

題名:Re: 第33回平尾学術奨励賞受賞  名前:土佐史談会 2012/05/17(木) 09:57 No.337  HomePage 操作 KD106172171095.ppp-bb.dion.ne.jp

海遊庵主様 お祝いのお言葉 どうもありがとうございます
平尾道雄さんは 土佐史談会の当初からご尽力頂いた偉大な人です

土佐史談会 窪内氏に代わりましてお礼 申し上げます、

  
 

題名:Re: 第33回平尾学術奨励賞受賞  名前:海遊庵主 2012/05/17(木) 17:29 No.339  操作 softbank220045179044.bbtec.net

339の画像を原寸大表示します 御鄭なるお言葉に感謝!〜平尾道雄先生に導かれたのは、昭和33年庵主が高校の学び舎を卒業したその時節でした。
『大津村史』の地元の歴史の書物でした〜その折に高知新聞社嘱託の先師の監修の土佐大津の歴史の村史に〜何故〜身内の先祖の記事が在るのかと・・そもそもの出発点ではなかったのかと!

  
 

題名:Re: 第33回平尾学術奨励賞受賞  名前:海遊庵主 2012/05/22(火) 15:13 No.356  操作 softbank220045179044.bbtec.net

土佐史談会の主宰の諸先生方・尊師並びに広く携わる各位の方々にも・その労を誘う島崎師に常々深謝!〜地元土佐之国の先人・平尾道道雄先師の面影を慕う庵主の想いは〜たとえ戯言と・・読み流して頂いても差し支えは皆無也。
唯・・只管に〜今は讃岐の国住人・海遊庵主は、あらゆる現世の縁ある機会あるごとに自然の道標の誘われて〜是非少しでも定めの由縁にて土佐之国にその子孫に『命』を継いだ先祖の生き年生ける歳月の奥の細道を辿る故の本願なり。

  
 

題名:Re: 第33回平尾学術奨励賞受賞  名前:海遊庵主 2012/06/08(金) 21:19 No.392  操作 softbank220045179044.bbtec.net

庵主の戯言かもと存じ上げ候なり。(其れなりに読み流しにて)
『土佐』〜(讃岐〜阿波)〜『伊予』と徒然なる侭に『大津村史』を道標にてのんびりと遊行を続けている道中にて、廻り合えた平尾道雄(前文にてダブって居りました・御免)の編纂の書・・至る所に感銘を受けて、只管に今日に至るのも又楽しからず哉。(大津天竺城主禅門・・細川皇海と同行2人の旅路)
さて、建武年間(1334〜6年)の土佐之国にタイムスリップしてみませんか?!・・この度のご縁にて土佐史談会の方々と共に訪ねて見たくなりました・・島崎師の先達のお導きを是非。

  
 

題名:Re: 第33回平尾学術奨励賞受賞  名前:島崎 2012/06/09(土) 00:46 No.393  操作 KD106172171095.ppp-bb.dion.ne.jp

海遊庵主さん 今晩は お誘い ありがとうございますが
頭脳も時間的にも余裕がありませんので他の方、他でもお探し下さい どうもすみません、

  
 

題名:Re: 第33回平尾学術奨励賞受賞  名前:海遊庵主 2012/06/09(土) 14:05 No.394  操作 softbank220045179044.bbtec.net

島崎師、なんのなんの〜お気使い無用です。
歴史を遡る出会いは、恰も桂浜の五色の小石を拾うが如き巡り会いなのですから!
座標さえ確りと定めれば〜必ず線と点が交じ合うチャンスが導かれましょう・・・庵主の遊行の根本理念ですから。
急ぐ『理も』無くとも〜悠久の刹那にて〜御縁があれば必ず2元2次連立方程式の曲線と点の合致点・・『根』と『解』に出会うことを祈念して只管〜自然の道筋〜先祖の面影をを偲ぶ所以也。



題名:郷土史歴史散歩  名前:土佐史談会事務局 2012/05/29(火) 17:14 No.373  操作 opt-101-1-246-172.client.pikara.ne.jp


6月3日日曜日郷土歴史散歩 行き先 本山 田井 方面
講師はNPO法人土佐観光ガイドボランティア協会会長

土佐史談会理事の岩崎義郎氏です 参加人数40名
お申込は事務局へTEL・FAX :(088)854-5566
参加はバス代等無料ですが用紙代500円
 
旧立川番所、帰全山公園 早明浦ダム 大原富枝文学館
本山城跡など盛りだくさんです 会員優先です

又はメール tosashidankai1917@theia.ocn.ne.jp
よろしく お願いします、5月29日残り席わずかです、  

  
 

題名:Re: 郷土史歴史散歩  名前:海遊庵主 2012/05/29(火) 18:37 No.374  操作 softbank220045179044.bbtec.net

土佐史談会・ご担当さま、この度のバスツアーの義、真に興味を持っております。
出来れば、立川番所の到着時間がもし〜分ればお教え願いないでしょうか?
実は、庵主の家内の実家は窪川林家一族の者で〜嘗て・近世の昔・身内の先代の叔母が番所の屋守の役を担って家筋に嫁いでいたようでした。
出来れば、現地にて土佐之国の皆様方が訪ねる時間が分れば、讃岐の国から赴いてご一緒させて頂ければ幸いです。

  
 

題名:Re: 郷土史歴史散歩  名前:島崎 2012/05/31(木) 14:16 No.375  操作 opt-101-1-246-172.client.pikara.ne.jp

事務局に変わって 島崎です
6月3日日曜日 高知市より出発し一番先に寄るそうで

立川番所の到着時間は9時頃とのことです


  
 

題名:Re: 郷土史歴史散歩  名前:海遊庵主 2012/05/31(木) 18:07 No.376  操作 softbank220045179044.bbtec.net

島崎師、ご案内ありがとう御座います。
朝一番に高知市を出立〜午前9時頃に〜立川番所に訪問とのこと了解しました。 (早起きが必定ですね!・・讃岐からだと)
来月の予定に準じて、時間が許せば〜同所に足を運ぶかも。

  
 

題名:Re: 郷土史歴史散歩  名前:海遊庵主 2012/06/02(土) 12:53 No.377  操作 softbank220045179044.bbtec.net

島崎師、明日は早起きして〜大豊豊永廻りで立川に向かいます
土佐史談会の皆様とお会いすることを楽しみにして〜道順はよいよい様のご案内の地図にて道順に愛車を走らせて!

  
 

題名:Re: 郷土史歴史散歩  名前:海遊庵主 2012/06/03(日) 15:19 No.379  操作 softbank220045179044.bbtec.net

379の画像を原寸大表示します 島崎師、お蔭様で本日9時過ぎに大豊の立川番所書院で土佐史談会の皆様と初めてお目にかかることが成就・・嬉しき想い。
庵主も少し早く讃岐の国の館を出立して〜2時間ほど前に立川の里に身を置いて〜近所の皆様との昔話に時間の過ぎるのも忘れてお蔭様で色々と古縁の史実を確かめて無事〜行基が拓いた温泉の塩江の湯に浸かって帰宅しました。(現地でのご好意・皆様方の
数々の厚情に深く感謝します)
取り合えず〜皆様の本山古城址へのご出立と道中のご無事を祈念〜バスの後姿をお見送させて頂きました。数々のお計らい感謝

  
 

題名:Re: 郷土史歴史散歩  名前:島崎 2012/06/03(日) 20:51 No.380  操作 KD106172171095.ppp-bb.dion.ne.jp

海遊庵主さん朝早くから 遠方にお出で頂き ご苦労様でした
お手伝いも出来ず どうもすみませんでした、

無事にお帰りのご様子 良かったです、

  
 

題名:Re: 郷土史歴史散歩  名前:海遊庵主 2012/06/04(月) 21:15 No.381  操作 softbank220045179044.bbtec.net

381の画像を原寸大表示します 島崎師、この度の立川番所書院への誘いは貴重な遊行の旅路でした。
史跡のすぐ下の茶屋の御仁は、嘗て江戸時代にこの番所書院を司った〜山内家の家臣川井氏の御子孫が今に営む取りも直さず同家系の方でした!
地元の散策を2時間ばかり歩いて回るのが〜何時もの庵主の行動規範です。
道すがら出会いの方々との地元の昔からの親から子に語り継がれその地に残された在所の『生きた情報』に接して、周辺の社・祠に少し二時間を使って探索も致しました。
その際に周辺の風景は、実に郷愁をそそられる自然に満ちた奥山郷の面影を今に残す〜土佐之国の歴史財産ですね!
お礼を兼ねて〜同所で写した思い出を数枚レポートをお送りします。

  
 

題名:Re: 郷土史歴史散歩  名前:海遊庵主 2012/06/04(月) 21:22 No.382  操作 softbank220045179044.bbtec.net

382の画像を原寸大表示します 続いて、眼下の山郷の風景です。(送れる写真一枚毎に成りますので悪しからず)御免
  
 

題名:Re: 郷土史歴史散歩  名前:海遊庵主 2012/06/04(月) 21:27 No.383  操作 softbank220045179044.bbtec.net

383の画像を原寸大表示します 案内板の新しい物と〜続いて古い薄れた物とを2通お送りします
  
 

題名:Re: 郷土史歴史散歩  名前:海遊庵主 2012/06/04(月) 21:30 No.384  操作 softbank220045179044.bbtec.net

384の画像を原寸大表示します 続いて古い案内版ですので〜少し消えうせている感なり。
  
 

題名:Re: 郷土史歴史散歩  名前:海遊庵主 2012/06/04(月) 21:52 No.385  操作 softbank220045179044.bbtec.net

385の画像を原寸大表示します 昔々の南海道(大道)は、伊予の国の国府・越智郡・今の今治市から〜土佐之国の幡多郡の山並みを越えて〜土佐之国の国府まで繋がる古道がメインストリートだったようですね!
土佐日記の紀貫之(没年・946年)の海路の船旅は難儀〜難儀の命懸けだったのでは?・・その後の他国への大道は陸地の奥山山越えの国境峠が大道だったとか!?・・。それにしても難儀也

  
 

題名:Re: 郷土史歴史散歩  名前:島崎 2012/06/06(水) 20:11 No.386  操作 opt-101-1-246-172.client.pikara.ne.jp

海遊庵主さんどうも ご苦労さんでした
四国は狭いですね、ですが参勤交代での山越えはその当時は

ものすごい人数、お金が要ったようで、お殿様とか以外は
山の中での宿泊は大変やったろうと 想像します、

海路の船旅は室戸岬を周る時など確かに命がけと思います

  
 

題名:Re: 郷土史歴史散歩  名前:海遊庵主 2012/06/08(金) 14:16 No.391  操作 softbank220045179044.bbtec.net

391の画像を原寸大表示します 島崎師、土佐之国の郷土史は、よくよく見直せば多くの先師の方々の古への面影を偲ぶ諸の書籍に目が留まるものじゃねゃ〜。
例えば、高知大学の山本大先生・平尾道雄先師の編集の(大津村史』の10〜11ページの記述にも、土佐之国と隣国から〜京の都への道順の背景が見透かされる文書あり(ご参考までに見てください)



題名:高知城 丸ノ内緑地の変遷(高知城を歩く・岩崎義郎著より) 
名前:島崎 2012/06/07(木) 16:45 No.389  操作 opt-101-1-246-172.client.pikara.ne.jp


389の画像を原寸大表示します 高知城 丸ノ内緑地での数百年間の変遷

山内一豊築城当時は家老格 福岡丹波の屋敷その後
厩(うまや)が建てられ南には藩主の警護の手廻り方役所

1,854年安政大地震の翌年山内容堂の仮御殿が建てられ
維新後壊され明治11年女子師範学校に明治17年には警察本署に

明治45年には高知県公会堂(絵葉書)とその後 農業会館
昭和20年の高知大空襲で被害を受けすべて取り壊され

昭和25年3月から5月にかけ南国高知産業大博覧会が開催され
その建物の一つを利用して昭和26年高知市中央公民館が開館され

昭和51年公民館移転後58年にかけ整備され現在の丸ノ内緑地に!

以上 土佐史談会理事 岩崎義郎氏著 (高知城を歩く)より


  
 

題名:Re: 高知城 丸ノ内緑地の変遷(高知城を歩く・岩崎義郎著より) 
名前:海遊庵主 2012/06/08(金) 12:55 No.390  操作 softbank220045179044.bbtec.net


島崎師、何でじゃう?!・・次から継に幼き時代・戦後の昭和25年頃の小学生(第4小学校)の思い出が誘われて〜懐かしく甦ってまいります。
南国博覧会の際には高知城の東側の堀に向かってウオーターシュウートに乗って突っ込んだ思い出がありますよ!〜その時代では最先端の電気自動車(タクシ−)が走っていた!・・今の時代のハイブリットや〜電気自動車の先祖さんやね〜(実に愉快なり)
確か中央公民館が出来た時代には、最も記憶に残るのは、その当時に確か『高知市の主催の科学発明展示会』の子供たちの出展の
選考の募集があり〜庵主も『銅版と亜鉛』の張り合わせのバイメタルの火災報知器で出展して表彰状を受けた思い出が甦ってまいります。(懐かしい)



題名:お宝屋敷・おおおよ  名前:島崎 2012/06/07(木) 00:49 No.387  操作 KD106172171095.ppp-bb.dion.ne.jp


387の画像を原寸大表示します 高知県大豊町穴内小学前の お宝屋敷・おおおよ、隣の写真館のご主人が
集めに集めた昭和30年代40年代の看板 ポスター おもちゃ 生活用品
等々ものすごい数 今でも色んな人が持ってきてくれるき 見てもらうのも
無料とのことです 是非行ってじっくり見てきてください
スライドショーで見れます
 



題名:24年度役員他  名前:土佐史談会事務局 2012/05/29(火) 13:47 No.372  操作 opt-101-1-246-172.client.pikara.ne.jp


372の画像を原寸大表示します 平成24年度の土佐史談会の役員の名簿です

ご存知の通り新会長に歴史民族資料館 館長の宅間一之氏
副会長に県立図書館 館長の田上 日出男氏
同じく副会長に自由民権運動の研究第一人者公文豪氏に就任頂きました。


他24年度のイベント 講座内容など HPにアップしました



題名:銅と鉄を国家に!  名前:島崎 2012/05/28(月) 14:15 No.371  HomePage 操作 opt-101-1-246-172.client.pikara.ne.jp


371の画像を原寸大表示します 第2次世界大戦末期 銅と鉄を国家にの合言葉のもと
全国の寺院の鐘、それと銅像が供出の対象になり当時全国にあった銅像944基

の内(特に国民崇敬の中心)として残されたものはわずか61基

高知県内でも残されたのは坂本龍馬・中岡慎太郎だけであった、

どうして?? 龍馬は海援隊・慎太郎は陸援隊と 当時の
軍が考える海軍・陸軍の生みの親との見解で残されたとのこと

山内容堂・山内一豊・板垣退助など戦前数多くの銅像を作った
本山白雲(龍馬像慎太郎像も制作)は昭和19年の暮れの夜遅く

白雲は自宅の庭でスクラップにされてしまった明治の元勲の原型を
一体一体叩き割る様子を横で婦人はただ合唱して見守っていた、

心血を注いで制作した自分の分身のような作品がスクラップになっていくことに
やり場のない無念を、このような形で表したのでは ないだろうか。

以上土佐史談会理事 岩崎義郎先生の著書(土佐人の銅像を歩く)
より 引用させて頂きました


[現行ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44]
以下のフォームから自分の記事を修正/削除できます [説明]

処理:  記事No:  パスワード:


今日: 3
09/23 () 3
09/22 (金) 1
09/21 (木) 2
09/20 (水) 1
09/19 (火) 2
09/17 () 4
09/16 () 3
合計: 12014

- aimix-BBS無料レンタル掲示板 [掲示板の作成はこちら] -

script - Kent-web