土佐史談会の掲示板

このエントリーをはてなブックマークに追加

[表示切替]  [HOMEに戻る]  [留意事項]  [記事検索]  [携帯URL]  [管理用]
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP

名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色

題名:大磯 旧吉田茂邸  名前:島崎 2012/05/17(木) 09:38 No.336  HomePage 操作 KD106172171095.ppp-bb.dion.ne.jp


336の画像を原寸大表示します
約1万坪の面積の神奈川県大磯町の旧吉田茂邸が惜しくも
燃えたのが2009年 残念ながら二度と見ることが出来なくなりました
今回土佐山内家大磯別荘跡に建っている大磯町役場から許可を頂き
屋敷内の写真掲載の許可を頂いたのでアップします、

なお大磯は明治時代から伊藤博文を始め歴代8人の総理大臣が
邸宅又は別荘を構えたという言うことです、
大磯ってこんな町のHPは↓  ↓ 
http://www.isotabi.com/about-meijiseikai.htm

  
 

題名:Re: 大磯 旧吉田茂邸  名前:島崎 2012/05/18(金) 08:21 No.340  HomePage 操作 KD106172171095.ppp-bb.dion.ne.jp

340の画像を原寸大表示します ここの客間には昭和天皇はじめ鳩山元首相等々訪問
麻生元首相もここには良く遊びに来たそうです

  
 

題名:Re: 大磯には著名人の別荘がずらり  名前:島崎 2012/05/18(金) 08:24 No.341  HomePage 操作 KD106172171095.ppp-bb.dion.ne.jp

341の画像を原寸大表示します 17代当主の山内豊景公が建てた別荘 すぐ回りには徳川家・岩崎弥之助
島崎藤村・尾上菊五郎・伊藤博文 日本の政財界等々面々​の自宅別荘が

大磯ってこんな町のHPは↓  ↓
http://www.isotabi.com/about-meijiseikai.htm

  
 

題名:Re: 大磯 旧吉田茂邸  名前:島崎 2012/05/18(金) 08:38 No.342  HomePage 操作 KD106172171095.ppp-bb.dion.ne.jp

342の画像を原寸大表示します 昭和35年山内家別荘に泊めていただきました
山内家の別荘はその後昭和40年
大磯役場とバイパスに譲り今はちょっとだけらしいです、
国道1号線から専用道路でしばらく入るとすごいお迎えがありました
残念ながら写真は人物以外は浜側からだけ撮っちょります
庭はまるで種崎の千松公園風で多分3000坪以上あったと思います



題名:明治時代と平成  名前:島崎 2012/05/09(水) 14:53 No.322  HomePage 操作 opt-101-1-246-172.client.pikara.ne.jp


322の画像を原寸大表示します 明治時代に皇太子殿下(大正天皇)の宿泊所となった
土佐山内家散田邸・左は山内神社
土佐史談会の今井理事所有の絵葉書を利用させてもらいました

下の写真は現在の三翠園温泉と山内神社で石垣が当時と同じのがよく判ります



  
 

題名:Re: 明治時代と平成  名前:海遊庵主 2012/05/14(月) 20:54 No.328  操作 softbank220045179044.bbtec.net

島崎師、昭和の時代の山内神社から〜三翠園の鏡川添いの風景の写真は無いがじゃろか?・・懐かしい〜のう。
上の5丁目から真っ直ぐに〜柳原の土手に続いた〜築屋敷の上の道路から〜山之内神社の西の鳥居の前の柳原の幼稚園で風情豊かな櫻の道の築地の土手は一旦消えちょったきに。(終戦直後は川沿いには〜キビや桑や野菜の数々畑の連なる庵主の餓鬼大将の遊び場じゃっきに〜上町の終戦直後ことじゃったら
庵主に聞いてよ。・・その当時は段々記憶も薄れていくきに?

  
 

題名:Re: 明治時代と平成  名前:島崎 2012/05/14(月) 22:20 No.329  HomePage 操作 opt-101-1-246-172.client.pikara.ne.jp

329の画像を原寸大表示します 海遊庵主さん丁度の場所の写真は無かったですが
沈下橋から山内神社方向の水泳をしている写真がありました

多分昭和30年代と思います、

  
 

題名:Re: 明治時代と平成  名前:海遊庵主 2012/05/15(火) 12:26 No.331  操作 softbank220045179044.bbtec.net

島崎師、懐かしい風景ですね!〜ちょっくら以前の話じゃが。
沈下橋の下手には堰の石積みがあって〜子供たちの飛び込みは上手の川面じゃったきに。(これはその当時は初心者コースじゃ)
その下の天神橋からの足から(頭からは少々危険性がたたかったき)のダイビングは上級コースで肝試しの登竜門じゃったぜよ!当然ながら庵主も何回も飛び込んだ是よ。(笑い)
それから〜沈下橋から〜郷の瀬の川筋との合流点から〜高野の赤岩までは〜鮎の登る時節には最高の川魚の漁場でしたよ!
しょうまっこと〜なつかし〜! ありがとう。

  
 

題名:Re: 明治時代と平成  名前:島崎 2012/05/15(火) 19:52 No.332  HomePage 操作 opt-101-1-246-172.client.pikara.ne.jp

332の画像を原寸大表示します 海遊庵主さん そうそう 天神橋からの飛び込みは上級じゃたね
自分は天神橋の南の土手に家があったき 飛び込みよったけんど

下に足が届きよったですね、昭和30年前後です、
山内神社南の監視所のある写真もありました、

  
 

題名:Re: 明治時代と平成  名前:海遊庵主 2012/05/16(水) 09:54 No.334  操作 softbank220045179044.bbtec.net

島崎師、思いで深き風景の数々昨日のように拝見させていただいております・感謝
時の過ぎるその速き様は振り返ってみれば、一瞬の光陰まるで矢の如し・・の先人の教え〜江戸から明治〜大正から昭和〜平成に至る時代は、日本国にも世界各国・グロウバルな政治情勢の変遷は真に光陰矢の如く、其れなりに明治は今の世に語り部を実話を聞く機会も皆無の状況ですな〜!
責めて明治末期から大正時代〜昭和一桁の時代の人生を歩んだ土佐の国の風土を身を置いてその世の中の体験を成された方々の生きた情報の収集と記録保存に是非ご尽力頂ければ嬉しき想い也。



題名:お札に2回もなった板垣退助の屋敷址  名前:島崎 2012/05/15(火) 08:43 No.330  HomePage 操作 KD106172171095.ppp-bb.dion.ne.jp


330の画像を原寸大表示します 高知市鏡川河口南 萩町2丁目にお札に2回もなった板垣退助の屋敷跡があります
板垣退助は1837年高知市中島町生まれ自由民権運動を推進 自由党の総理に就任
岐阜で演説中刺され 板垣死すとも自由は死せずと言うのが後世に伝わってますが
その時言ったことではないとか 説は色々あるにかーらんです
屋敷跡の動画もどうぞ



題名:高知県謎解き散歩  名前:島崎 2012/05/10(木) 00:39 No.325  HomePage 操作 KD106172171095.ppp-bb.dion.ne.jp


325の画像を原寸大表示します 土佐史談会 谷副会長の著書(高知県謎解き散歩)が発売されました
高知県が面白いほどわかる本です、

◎昭和天皇がなぜ坂本龍馬の手紙を持っていたのか?
◎龍馬の懐には何が入っていたのか?
◎弘法太子(空海)は本当に土佐に来たのか?
等など他にもたくさんの アレ・コレ??がいっぱい

金高堂 ツタヤ 等に置いてます、


  
 

題名:Re: 高知県謎解き散歩  名前:海遊庵主 2012/05/11(金) 18:21 No.326  操作 softbank220045179044.bbtec.net

島崎師〜何故に次から継ぎに・・庵主の心拍数を揚げるお誘いが続くのでしょうか?・・!。
明日は岡豊城に出向きます〜その前に〜或る讃岐と阿波と土佐之国に通じる藤原姓の御仁と会いが導かれるままに成就。
自然の侭の妙なる調べ、今日地元の牟礼町の古文勉強会で頂いた資料を早速コンタクトの義にて藤原氏に手渡し申し上げる所存也。(たとえば何故昭和天皇が尊皇攘夷の『坂本竜馬』の手紙を皇室の書庫の片隅に御所蔵為されていたのか)! 恐惶謹言
恭しく拝謁する次第也



題名:龍馬の歩み展  名前:土佐史談会 2012/05/07(月) 20:41 No.321  HomePage 操作 opt-101-1-246-172.client.pikara.ne.jp


321の画像を原寸大表示します 4月21日から5月20日まで龍馬の歩み展(第1章)土佐から江戸へ
高知市上町 龍馬の生まれたまち記念館にて開催中です



題名:風雨にさらされて〜文保二年の石塔は  名前:海遊庵主 2012/05/03(木) 22:13 No.308  操作 softbank220045179044.bbtec.net


308の画像を原寸大表示します 庵主の旅路の道中にて、度々訪れる讃岐の阿波の国境の山中に今にも朽ち果てる運命の石塔在り。
今は、近隣の民家も少なく枯れ草の内に割れて微かな面影を残しております。(鎌倉時代末期の花園天皇から後醍醐天皇に遷る時代(1317年〜8年)のその時也)。
その前年正和5年藤原為兼殿が土佐之国に流されたその真っ只中です。
その石塔の刻まれて碑文を長年にわたり読み取る想いを我が想いを募らせて今知りえる文字は『文保二年・年号と干支』と沙弥道信との字体が見受けられるのです。
この話題お送りしたのは、土佐之国の南朝方の訪ねる遊行の道中にて〜導かれ侭に足を止めた史跡の一つですから。
その写真を、敢えて『土佐史談会』の方々にも知っていただければとの庵主の愚考かとも。御免

  
 

題名:Re: 風雨にさらされて〜文保二年の石塔は 
名前:海遊庵主 2012/05/03(木) 22:19 No.309  操作 softbank220045179044.bbtec.net


309の画像を原寸大表示します 島崎師、一枚〜一枚しか送れませんので続いて2枚ほどお送りしておきますのでご覧下さい。
  
 

題名:Re: 風雨にさらされて〜文保二年の石塔は 
名前:海遊庵主 2012/05/03(木) 22:28 No.310  操作 softbank220045179044.bbtec.net


310の画像を原寸大表示します もう一枚、お送りします。
古の沙弥道信なる出家の修行者が、今に至っては真に名も知る義も無く〜夢の跡〜果る名のみ微かな面影を偲ばれる御仁かとも。

  
 

題名:Re: 風雨にさらされて〜文保二年の石塔は 
名前:島崎 2012/05/05(土) 15:23 No.311  HomePage 操作 opt-101-1-246-172.client.pikara.ne.jp


海遊庵主さんこんにちは 
讃岐と阿波の国境の山中にある石塔はなにか説明が

あるがでしょうか? ないと思いますけど それをみて
わかるとはすごい眼力というか読んで理解できるのがすごいですね

すごい昔の面影を忍ばれる 写真 ありがとうございます

  
 

題名:Re: 風雨にさらされて〜文保二年の石塔は 
名前:海遊庵主 2012/05/05(土) 18:44 No.312  操作 softbank220045179044.bbtec.net


312の画像を原寸大表示します 島崎師〜地元の歴史は地元に聞け・・・その奥の細道を辿る道すがらには不思議と夫々の方々の面影に接することも多きかな!?
今にもこの世から消えうせる運命の如き〜鎌倉時代末期の石塔は自然の雨・露・野ざらしに〜その姿を消すことは無念也。
阿波や土佐国の方々にもご案内するのも庵主の一念かとお察し下さい。
沙弥道信と申す人物の類似の御名は、多分時代的背景から覗う所庵主の旅路の道すがらには、源平合戦の屋島檀ノ浦の折。讃岐の国境にて、義経の軍勢を迎えてる〜讃岐の国塩江内場の郷の藤原氏家の系統の藤沢道信の御子孫かとも〜未だ霧中の暗夜也。

  
 

題名:Re: 風雨にさらされて〜文保二年の石塔は 
名前:海遊庵主 2012/05/05(土) 18:54 No.313  操作 softbank220045179044.bbtec.net


313の画像を原寸大表示します すみません!・・前文に添付した写真は、讃岐の国の河野三郎の在所・百相(もわい)船山神社の縁起でした!同じ義経を迎えた伊予の国の武士でした。
検めて、藤沢道信の由来をお送りしますので見てください。

  
 

題名:Re: 風雨にさらされて〜文保二年の石塔は 
名前:海遊庵主 2012/05/05(土) 19:03 No.314  操作 softbank220045179044.bbtec.net


314の画像を原寸大表示します もう一場面を重ねてお送りします。
讃州藤原家の内場藤沢氏の墓所を写して来ましたので見てください

  
 

題名:Re: 風雨にさらされて〜文保二年の石塔は 
名前:海遊庵主 2012/05/06(日) 14:21 No.315  操作 softbank220045179044.bbtec.net


315の画像を原寸大表示します 島崎師、いよいよ〜連休も最後の一日になりました。
土佐之国にも〜讃岐にも〜阿波も〜伊予の国々にも、共有する歴史舞台が見え隠れして参ります。
土佐之国の南朝方の興国元年正月(1345年)の大高坂城主松王丸の南北朝の乱世の御世の哀れ也。
庵主もこの連休は、讃岐の国の南朝方の歴史の舞台を導かれる侭にのんびりと只管に尋ねて居り、その道すがらに、次々と、古跡・古城〜古寺に愛車を安全運転で思い立ったらすぐにバイクも夕暮れに走り通して、有意義な一ページを綴ることが出来ました
そのレポートには、数多くなりますので、その内の1〜2枚の写真をお送りさせていただきますのでご覧下さい。

  
 

題名:Re: 風雨にさらされて〜文保二年の石塔は 
名前:海遊庵主 2012/05/06(日) 14:29 No.316  操作 softbank220045179044.bbtec.net


316の画像を原寸大表示します この古刹は、讃岐の国の南朝勢力の中心的存在の大覚寺派・嵯峨院由来の長尾の郷の今の風景です。先日ご住職・奥様には突然の訪問に関わらずご懇意にご接待を頂き寺跡のご案内を受けた感謝しております。(その縁起の立て札も見てください)

  
 

題名:Re: 風雨にさらされて〜文保二年の石塔は 
名前:海遊庵主 2012/05/06(日) 14:41 No.317  操作 softbank220045179044.bbtec.net


317の画像を原寸大表示します もう一箇所は〜同じく南朝方の居城なれど、北朝の四国管領細川頼之の戦火に落城した、南朝方の西長尾城の麓・史跡関連の三島神社の面影を偲ぶ風景です。(この古城も古には土佐之国の南朝方にも深く関わる歴史の背景を残している感也)
  
 

題名:Re: 風雨にさらされて〜文保二年の石塔は 
名前:海遊庵主 2012/05/06(日) 14:58 No.318  操作 softbank220045179044.bbtec.net


318の画像を原寸大表示します 島崎師、歴史の舞台を只管に訪ね〜辿れば、不思議と次から次に誘われる道が開けるものですね!(大笑い)この西長尾城には地元の歴史談義には、延元2年(1337年)御醍醐天皇の皇子花園宮満良親王が、伊予の国の南朝方の土居通村(河野一党の南朝派)と共に一時入城された所以も真なるべし哉。
  
 

題名:Re: 風雨にさらされて〜文保二年の石塔は 
名前:海遊庵主 2012/05/06(日) 15:17 No.319  操作 softbank220045179044.bbtec.net


重ねてもう一筆加えさせていただきますね・・御免。
讃岐の国の地元史には、翌年延元3年には満良親王は北畠親房の遠征に参加すべく出陣されたものの、新田入道・金沢左近将監・従者の武将等と共に暴風雨に遭遇して、土佐之国に漂着〜暫く土佐之国の南朝軍として戦っていた・と・の記述も見ゆ!?真偽の程庵主知らず也。(何方かぜひご教示を) 

  
 

題名:Re:西暦年代誤記のこと  名前:海遊庵主 2012/05/06(日) 20:45 No.320  操作 softbank220045179044.bbtec.net

前段階の極楽寺は希に見る南朝暦を古書に記す讃岐の国の古寺にて、応暦3年が北朝暦の興国元年(4月28日)でした。
西暦は1340年でしたので訂正してお詫び申し上げます。



題名:平成24年度土佐史談会総会  名前:土佐史談会事務局 2012/04/23(月) 00:23 No.299  操作 KD106172171095.ppp-bb.dion.ne.jp


299の画像を原寸大表示します 昭和24年度の役員が選任されました(敬称略)
会長に高知県歴史民族資料館の詫間一之

副会長に自由民権運動研究の第一人者の公文豪
県立図書館館長の田上日出男が新たに選任されました

写真左から副会長 谷是  中央に詫間会長
右に前会長(顧問)高橋正です、

後日新たにHPの役員名簿と24年度事業計画を書き直します
それから今年から年3回発行の土佐史談を県内高校すべてに

高知県が買い上げて配布してくれることが決ったそうです

  
 

題名:Re吉井勇の旅行カバン  名前:島崎 2012/04/23(月) 00:27 No.300  操作 KD106172171095.ppp-bb.dion.ne.jp

300の画像を原寸大表示します 沖野建築 沖野さん今日はありがとうございました
吉井勇の土佐-(土佐史談)を詠む勇- と言う講演会に
貴重で大切な吉井勇の旅行カバンを持ってきて頂きました
沖野さんの奥さんのご実家の渓鬼荘に保管してあったそうです
カバンを見られる左から土佐史談会前会長高橋先生と
講師の細川光洋先生と沖野さん、重厚なカバンに皆さん
触られて貴重な体験だったと思います ありがとうございました

  
 

題名:Re: 平成24年度土佐史談会総会  名前:島崎 2012/04/23(月) 14:25 No.301  HomePage 操作 opt-101-1-246-172.client.pikara.ne.jp

動画も撮りました



題名:平井収二朗家の墓  名前:島崎 2012/04/20(金) 11:16 No.298  操作 KD106172171095.ppp-bb.dion.ne.jp


298の画像を原寸大表示します 幕末の志士平井収二朗のお墓は高知市丹山中にある
両親のお墓が今まで筆山にあったが地盤が悪く墓石が傾いたので

収二朗と同じ丹山中にと吉岡郷継さんらが中心となり募金を集め
このたび移設したとのこと、歴史写真家前田氏も色々尽力された

←時世の句等   場所は高知市丹山中、坂本家の北東



題名:2012年総会及び記念公演会のご案内  名前:土佐史談会事務局 2012/04/14(土) 00:17 No.297  操作 KD106172171095.ppp-bb.dion.ne.jp


297の画像を原寸大表示します 2012年の総会を4月22日(日)1時〜3時まで高知県立文学館ホールにて行います
(総会のみ会員限定です)
3時半から4時40分までは吉井勇の土佐-(土佐史談)を詠む勇- 
講師は高知工業専門高等学校準教授、細川光洋先生です
懇親会もございます、お電話、ファックス、又はメールでお願いいたします。




題名:高知城花回廊   名前:島崎 2012/04/11(水) 00:26 No.295  HomePage 操作 KD106172171095.ppp-bb.dion.ne.jp


295の画像を原寸大表示します 2012年高知城花回廊が4月6、7、8日の3日間ありました
2日目は特に人出が多く2万5千人とのことでした



[現行ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45]
以下のフォームから自分の記事を修正/削除できます [説明]

処理:  記事No:  パスワード:


今日: 3
11/23 (木) 3
11/22 (水) 2
11/21 (火) 3
11/20 (月) 1
11/19 () 1
11/18 () 1
11/17 (金) 1
合計: 12188

- aimix-BBS無料レンタル掲示板 [掲示板の作成はこちら] -

script - Kent-web