原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名Re: 風雨にさらされて〜文保二年の石塔は
コメント 島崎師〜地元の歴史は地元に聞け・・・その奥の細道を辿る道すがらには不思議と夫々の方々の面影に接することも多きかな!?
今にもこの世から消えうせる運命の如き〜鎌倉時代末期の石塔は自然の雨・露・野ざらしに〜その姿を消すことは無念也。
阿波や土佐国の方々にもご案内するのも庵主の一念かとお察し下さい。
沙弥道信と申す人物の類似の御名は、多分時代的背景から覗う所庵主の旅路の道すがらには、源平合戦の屋島檀ノ浦の折。讃岐の国境にて、義経の軍勢を迎えてる〜讃岐の国塩江内場の郷の藤原氏家の系統の藤沢道信の御子孫かとも〜未だ霧中の暗夜也。
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

メーカー / 機種 FUJIFILM / FinePix F401
焦点距離 / 35mm換算 5.7 mm /
シャッタースピード 1/750
ホワイトバランス Auto
フラッシュモード Auto, Did not fire
サイズ 1600pixel × 1200pixel (392 kB)
撮影日時 2010:02:23 12:36:46
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs9.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=tosa

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト