原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名Re: 風雨にさらされて〜文保二年の石塔は
コメント 島崎師、いよいよ〜連休も最後の一日になりました。
土佐之国にも〜讃岐にも〜阿波も〜伊予の国々にも、共有する歴史舞台が見え隠れして参ります。
土佐之国の南朝方の興国元年正月(1345年)の大高坂城主松王丸の南北朝の乱世の御世の哀れ也。
庵主もこの連休は、讃岐の国の南朝方の歴史の舞台を導かれる侭にのんびりと只管に尋ねて居り、その道すがらに、次々と、古跡・古城〜古寺に愛車を安全運転で思い立ったらすぐにバイクも夕暮れに走り通して、有意義な一ページを綴ることが出来ました
そのレポートには、数多くなりますので、その内の1〜2枚の写真をお送りさせていただきますのでご覧下さい。
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

メーカー / 機種 FUJIFILM / FinePix F401
焦点距離 / 35mm換算 5.7 mm /
シャッタースピード 1/15
ホワイトバランス Auto
フラッシュモード On, Fired
サイズ 1280pixel × 960pixel (338 kB)
撮影日時 2002:01:11 05:10:19
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs9.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=tosa

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト