原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名Re: 土佐の偉人十講座
コメント その奥に辿り着くためには、時代を重ねる時の流れを辿って長宗我部元親の室に目を向けて頂かなければ、山内一豊とも、康豊殿との姻戚関係の奥の細道を見誤ることを憂いうる庵主の想い也。
長宗我部元親の室は、美濃の国・斉藤内蔵助利三の娘なのです。
この御仁の室こそ伊予の国の出自・美濃の国稲葉氏の家流の血筋を継ぐ人物ですから、その流れを記する古文書・系図は東京大学編纂所蔵の「美濃国諸家系譜」に記載されております。
また、その文章の箇所と、その後に繋がり〜後世の江戸時代の徳川家康から家光へお時代に深く関った人物は、その大奥に其の名を残している、阿福・お福・於福とも聞く、家光乳母「春日局」こそ正しく、稲葉内匠助正成の室也。
其の系図を数回に分けて、ご参考までに投稿させて頂きますご覧ください。怒涛の如く・・南無
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

メーカー / 機種 FUJIFILM / FinePix F401
焦点距離 / 35mm換算 5.7 mm /
シャッタースピード 1/27
ホワイトバランス Auto
フラッシュモード Off, Did not fire
サイズ 1600pixel × 1200pixel (394 kB)
撮影日時 2002:05:31 06:12:57
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs9.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=tosa

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト