原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名Re: 重ねて座右の書の義
コメント 庵主の手許には、嘗て土佐の国に生を受け〜昭和33年に発刊された『大津村史』を大事に持っております。
その書の末綴には『平尾道雄・山本大』諸師の名前が記されております。
土佐の国の曙は紀元前には崇神天皇の御世『天韓襲命』を国造りとして、『波多』(幡多郡)かとを開くと記し〜其の後・垂仁〜景行〜成務天皇〜仲哀〜応神〜仁徳〜履仲〜反正〜充恭〜安康〜雄略天皇〜清寧〜顕宗〜仁賢〜武烈〜継體〜安閑〜宣化〜欽明〜敏達天皇〜用明天皇〜等を経て・〜・・白鳳時代には十二年・13年とも(十月十四日)には、南海道大地震の天災の古事を知るのも何かの地震国家の定めかと?!。其の後の土佐の国の歴史は国府の所在地の政権の中心は、天平時代(729〜770年)には長岡郡内に移り、延暦〜延喜〜其の後の延長時代(905年〜)の記述には、彼の紀貫之土佐守の古事に至るのですね。南無
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

メーカー / 機種 FUJIFILM / FinePix F401
焦点距離 / 35mm換算 5.7 mm /
シャッタースピード 1/34
ホワイトバランス Auto
フラッシュモード Off, Did not fire
サイズ 1200pixel × 1600pixel (367 kB)
撮影日時 2002:05:12 17:12:37
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs9.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=tosa

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト